プロフィール詳細

千頭 幸子(ちかみ さちこ)のプロフィール

こんにちは、ちんたおです。

※ハンドルネーム「ちんたお」の由来・・・名字の「千頭」を広東語読みしたもの

 

略歴

日常生活で実践しやすい薬膳を中心とした中医学養生・菜食の情報を発信しています。

大学生の母/子育て中の準備期間を経て第二の人生スタート/主婦暦30年→国際中医専門レベル試験A級合格→薬膳生活18年/横浜中華街の足つぼ施術者歴12年/ベジ生活3年目

 

もしちんたおに興味を持ってくださったら、続きをお読みいただけると嬉しいです。

 

子供の頃は虚弱児でした

昭和40年生まれ。

物心ついたころには「お腹が痛い」が口癖の虚弱児。

心配した母が野菜料理や玄米食・薬草茶などを用意してくれましたが、ほぼすべて苦手。中学に入ってようやく少しずつ野菜の美味しさがわかるようになってきました。

 

10代

先日のツイート

 

まわりからは「めずらしいねぇ」「なんで?」そんな反応ばかり。「好きなものは好きなんじゃい!」と思いつつも周りと自分を比べて「やはり私はおかしいのかな?ずれてるのかな?」とすごく気にしていました。

あえてアメリカやヨーロッパの文化に目を向けていたこともありました。

 

そして、あいかわらずの虚弱児ぶり。1シーズン最低1回は必ず体調を崩して寝込んでいました。皆勤賞を取ったことがなかったです。まだ野菜嫌いが続いていましたし、お腹も弱かったです。

 

20代

短大卒業後2年半くらい一般事務のOLを経験後結婚退職。楽しい新婚生活2ヶ月目にはすでに心に「この先このままでいいのだろうか?」という疑問が湧きました。

消しても消しても消えない!

当時見て見ぬふりをしていた「学歴コンプレックス」を解消すべく翌年4月から慶應義塾大学文学部通信課程の学生になりました。

卒業率は入学者の3~5%。どう考えても自分が卒業できるとは思えなかったけど、とにかく「やるしかない」みたいな勢いはありました。

 

だってね・・・今だから言えますけれど運転免許を取るときに最後の試験場のテスト、3回目でようやく受かったくらいアホだったのですぞ(笑)

 

同年夏、初めてのスクーリング。始まるまえに「カレー」「シチュー」「ミートソース」などをたくさん作って冷凍。

お弁当用におにぎりやサンドイッチもたくさん作って冷凍。

この頃から「作り置き」などしつつ「家事と勉強の両立生活」が始まりました。

 

まだ「体調管理と食」が結びついていなくて、何となく漠然と野菜は摂るようにしつつも、まぁ食べたいものを食べている感じでした。

だいぶ体調を崩しにくくなりましたが、年末年始に限って一年の疲れを爆発させるかのように不調で寝込んでいた年も多かったです。

 

30代

31歳で念願の通信課程卒業。

学生の間も学費稼ぎのパートを並行していました。引き続き35歳で出産するまでパートと家事の生活。食事は相変わらず作り置きが多かったです。

子供が1歳の時にそれまでのパート先に復帰。2歳の夏に中医学専門学校に入学。

その頃、食材や日用雑貨の個人宅配を取り入れたことで、買い物や下ごしらえの軽減につながりました。

作り置きだけじゃなくて、買い物の手間を減らしたことで時間も精神的な負担もだいぶ減りました。

 

子供が1才の時に「喘息様気管支炎」と診断され、季節の変わり目や特に冬中風邪を引いたら必ず気管支炎になっていました。

我が子の苦しそうな姿を見るのはいつも胸が潰れる思い。代われるものなら代わってあげたくて本当に辛かったです。

ちょうど中医学の勉強を始めたこともあり、この頃から「中医学理論に基づく薬膳」のことをどんどん実生活に取り入れていくようになりました。

おやつやごはんは、気管支炎の時にたくさん出てしまう「痰」が出にくい食材を選んだり、市販のお菓子もチョコレートやクッキーなどは控えめにして自宅で作るようにしていました。

幸い小学校に上がる頃には気管支炎も出なくなり、それ以降は体調をあまり崩さず育ってくれています。

 

40代

子供が小学校に入学してから中学に上がるくらいまでは、

・年に数回足つぼ施術者

・月1~3程度ホームサロンで薬膳レッスン

・たまに出張薬膳講師

残りの日々は主婦と子育ての毎日でした。

 

その頃出会って仲良くさせて頂いていたママ友たちは、

・いつも身ぎれいにしている

・丁寧な暮らしがにじみでている

・家族の喜ぶ顔をみるのが好き

などなどみなさん家事・育児・そして自分磨きをされている素敵な方たち。

 

この時は、作り置きよりその都度作ることが多かったです。そして、食事だけでなくよくおやつも手作りしてました。

これは子供の「わぁ!これママが作ったの?!美味しい!」という喜ぶ顔が見たくて。

家を整え家族が快適に暮らせる場をつくることに目が向いていた時期でした。

 

とはいえ漠然と「子育てが一段落したら自分の人生も歩んで行きたい」という気持ちは常に心の片隅にありました。

なので、ホームサロンを開いたり広東語のレッスンに通い始めたり。1人で週末弾丸海外旅(香港)を始めたのもこの頃。何を隠そう(いや隠してないけど)香港が大好きなのです。ハンドルネームの「ちんたお」も、香港の公用語「広東語」からきています。

この一人旅は、その後10年続きました。そしてこれからも!と思っていた矢先のコロナでとりあえず延期状態。

また行けるような状況になったら再開します。

ゆくゆくは「旅」だけでなく「語学留学」もしたいと野望を抱いております(笑)

 

50代

子供の成長とともに、外に出て働く機会が増えました。足つぼ施術者の仕事を週1→2→3→4と増やしていきました。

また、幅広く薬膳を知ってもらいたいと思いYouTubeを始めました。ネット上のコンテンツに疎いので3年かかってようやくチャンネル登録者が700人を超えたくらい「亀の歩み」ですが、なんだか楽しいので続いています。

現在55歳(2020.9現在)、あっという間に50代半ばを迎えました。

Twitterでこんなツイートもしています。

https://twitter.com/chintauVL/status/1299089318971994113

20代で結婚後、30代・40代・50代と状況に合わせて食事作りに手をかける時間を増やしたり減らしたりしてきました。

今のところ仕事優先にしているので「最低限」しかやっていませんが、健康管理に「食事」はとても大事だと認識しているので

効率よく短時間で美味しくごはんを食べる工夫を日々続けています。

 

1日・1ヶ月・1年が「ビュン!」と過ぎて行きます。

このぶんだと、あっという間にこの世を旅立つ時がきてしまいそうです(笑)

 

ここ数年で特に「人生の残り時間には期限がある」というのをすごく意識するようになりました。

そしてあらためて自分で自分にかけた思い込みや制限を外して

「幸せを感じて」

「自由にのびのびと」

残りの人生を生こうと、この文章を書きながら決意を固めています。

 

SNSもやっています。お気軽にフォローしてくださいね~!

◇YouTube◇ 少し手間をかけた家庭で作るベジ薬膳のレシピ動画が中心です

 

◇Twitter◇ 初心者の方向けの薬膳や菜食の情報をつぶやいています

 

◇公式Line◇ 薬膳を気軽に試したい方向け

友だち追加

© 2022 ベジ薬膳Sachiko Powered by AFFINGER5